社会保険労務士はどんな資格?

労働関連に関する書類や社会保障関連に関する書類の作成代行及びそれらに付随するコンサル業務を担う人を「社会保険労務士」と呼びます。
社会保険労務士になるためには国家試験に合格する必要があります。
受験資格は高専卒や大卒など一定の学歴を満たす、行政書士などの資格を満たす、3年以上の実務経験がある人などとなっています。
気になる合格率ですが、今年は5.
4%と発表されています。
補足ですが、去年が7%とのこと。
最年少は19歳、最高齢が76歳と年齢問わず合格できるチャンスはあります。
合格率が低いことからも、しっかりとした対策が必要です。
専門学校に通って勉強するパターン、通信教育で勉強するパターン、独学で勉強するパターンなどがあります。
当然どの勉強法にもメリット、デメリットがありますので自分のライフスタイルに合った勉強法を選びましょう。
しかも条件を満たせば国から補助金として一部受講費用を賄える金額をもらえます。
これらもしっかりチェックしましょう。
社労士通信講座合格率