琥珀の有名な産地は?

琥珀の産地としては、世界各地に何箇所もありますが、ここでは、有名な琥珀の産地について何箇所かご紹介しようと思います。
琥珀の産地として有名なところには、久慈地方、バルト海沿岸地方、撫順(中国)地方、ドミニカ共和国などです。
どこの産地でも同じというわけではなく、各地域ごとにとれる琥珀の色や種類が異なっており、琥珀の元となる起源樹種も違うため、それぞれの産地から独特な琥珀が産出されています。
琥珀産出量が一番多い産地は、バルト海沿岸地方で、ロシアのカリーニングラード、リトアニア、ポーランドのダグニスク、ドイツなどが非常に有名です。
ちなみに日本の産地である岩手県久慈地方の琥珀は、約8500~9000万年前の久慈層群から採掘されたもので、虫入り琥珀も多く、学術的価値が注目されています。
琥珀意味とは?アンバー効果・パワー紹介!【誕生石・石言葉は?】